用途で選ぶ
FAX注文書をダウンロード(PDFファイル)

ごあいさつ
生産者のご紹介
特定商取引法に関する表示
個人情報保護宣言
生産者について
匠の胡蝶蘭
高級胡蝶蘭のフラワーギフト販売(通販)【匠の胡蝶蘭】
TEL: 048-587-1231
FAX: 048-587-1587
E-Mail
営業時間9:00~18:00
定休日: 日曜
卸売をご希望されるお花屋さんはこちら
HOME»  匠のこだわり»  栽培へのこだわり

栽培へのこだわり

高品質な花を世に送り出すためには、
経費や歳月を惜しみません。

胡蝶蘭の生産には、幼苗から花を咲かせるまで、
2年半から約3年の歳月を要します。
とても気の長い作業です。

またこの仕事は機械化できず、
全てスタッフの手作業によって行われます。
そして植物の生産に欠かせない、
特に水、温度、光、CO2は非常に気を使います。

水遣りのタイミングは
生産者が一番気を使うところでもあります。
水はおおよそ7日~10日に一度与えます。
株が脱水症状を起こす手前で水を与えるのですが、
何時まで我慢できるかを生育状況や天候も加味し、
しっかり見極めながら水を与えます。
株には意地悪なようですが、
これにより力強い根が多く張ることになるのです。

24時間365日、最適な生育環境

胡蝶蘭に直射日光は禁物。
すぐ葉焼けを起こしてしまうからです。
しかし植物は光がなくては育ちません。

季節により日光の強さは違いますが、
遮光率の異なる遮光ネットを2枚使い、
季節、時間に応じて、株が耐えられる最大の光を
株に十分に当てて育てます。

胡蝶蘭の栽培期間約3年の内訳は、
株を太らせる時期(栄養生長期:約2年~2年半)、
花を咲かせる時期(生殖生長期:約半年)に分けられます。

栄養生長期は、外気温が氷点下でも、温室内は
日中の温度を30℃以上、夜の温度を25℃以上に、
生殖生長期は外気温が40℃近い真夏でも、
日中25℃以下、夜18℃以下に保たなくてはいけません。
光熱費を削ることは許されないのです。

遮光ネットの開閉や、植物にとっての最適な温度管理は、
24時間・365日のコンピュータ管理により、
基本的な範囲は保つことができます。
しかし、微妙な加減は人間の感覚が頼りです。
相手は生き物。温室を長い時間空けることはできないのです。

また、人間が満員電車でストレスを感じるように、
植物も過密状態を嫌います。栽培面積の坪効率は落ちますが、
株の好む環境を考え、一株づつ間隔を十分に空け管理しています。

花を慈しむ水も鉢も水苔も
こだわりぬいた最高のものを。

最近は経費削減で、栽培にバークや
他の安い植え込み材料を使用する生産者が多くなりました。

しかし私たちは、昔ながらのニュージーランド産の
最高級水苔を使用。また、鉢はビニールポットを使用せず、
植物の根にとって最高の素焼き鉢を使用しています。

また日頃使用する水は、活性炭、麦飯石をはじめ、
幾つもの濾材が層になっている浄水器を使って水をろ過。
水の分子構造を細かくして植物の水の吸収を良くしました、
こうした、植物にとって最高の水を与えています。